それぞれのクリスマスの過ごし方

もうすぐクリスマスですが、皆さんはどのように過ごしますか?

クリスマスといえば、イルミネーションやクリスマスツリー、サンタクロースなどを思い浮かべる冬のイベントです。

恋人と過ごしたり、家族と過ごしたり、ひとりで過ごしたり、友達とクリスマスパーティをしたり、いろんな過ごし方が

あるのではないでしょうか?

そんな中、昨日何気なく見ていたニュースでこんなニュースがありました。クリスマスをひとりで過ごす「クリぼっち」という言葉がありますが、それに基づいたマーケティング戦略です。恋愛離れが進む若者にとってクリスマスにひとりで過ごす若者が増えているといいます。

自分で自分にプレゼントをする、ということも最近の傾向のひとつなんだとか。時代の流れを感じさせるニュースだと感じました。

あなたはクリスマスはどのように過ごしますか?

今日久々に家族と一緒に外食したこと

本日は土曜、朝にのんびり起きて、私はもう既に起きていた家族に勧められるままに、自家用車にのって外食をしました。1時間ぐらいしてこれといった渋滞にも捕まらずに、開店ぎりぎりの時間で目的地の大きなソバ屋に到着しました。三人全員でメニューのざるそばなどを食べました。味も価格もまあまあといったところでしょうか、店内の雰囲気はよく、そこで雑談をしながら30分ぐらいで完食して、帰りの車に乗りました。
そしたら食事後気が付いたのですが、自宅からタバコを持ってくるのを忘れてしまっていたので、しかたなく帰るルートの途中でタバコを買って、ふかしながら家につきました。久しぶりのドライブだったので、天気は少し曇り空でしたが、そんなに寒いわけでもなく、雪も積もっておらず、爽快な気分になりました。

安い給料で働いている人にとって年末はきついもの

年末はクリスマスに忘年会にお正月に新年会で何かとお金が出ていく時期でもあります。

特に給料自体が安い場合何とかしてお金を使わない方法と、日払いのバイトやクラウドソーシングなどで稼ぐということをしないと生活が厳しい状況になってしまうのもこの時期です。

特に、アルバイトや派遣で働いている場合働く日数によっては給料が少ないという人もいると思いますし、ボーナスがもらえないので年末は苦しくなるのはいうまでもありません。

そこで、なるべく使わないためにも忘年会や新年会が強制参加出ない場合は参加をしないという方法があります。

たいていそういう場合は会費を払うということが多く、会費自体が高いということもあるのでよほどのことがない限り参加をしないという選択をすることも必要です。

また、クリスマスやお正月は一人で過ごすという方法もあります。

これは一人暮らし限定ではありますが、一人で過ごすという方法でお金をかけずに年末を楽しむ方法を作っていけばお金をかけなくても楽しいお正月を迎えるということもできるのです。

最近ではおせちも小分けで買うこともできるし、身近に初日の出スポットがあれば初日の出を見に行くという方法もあるのです。

もちろん近くに神社があれば初詣に出かけるくらいで十分です。

返済を忘れないための方法
http://lynnskidsinternational.org/hensai.html

TBS深夜放送中「私がモテてどうすんだ」

現在放送中のアニメ「私がモテてどうすんだ」に見事にハマっています。

原作漫画から私は大好きでアニメ化すると聞いた時は正直「ついにアニメ化かぁ。どうなるんだろう」と不安だったのですが、アニメはアニメとして漫画とはまた別で考えたら面白い作品に仕上がっていて安堵すると共に、アニメも面白い~!と夢中になっています。

主人公(ヒロイン)の花依ちゃんは腐女子で私自身、花依ちゃんの気持ちが物凄く分かるし共感が持てます。腐女子ネタあるあるも入っていながら、逆ハーレム物なので、羨ましいぃ~!と思う点が幾つもあり、もう私にとってドストライクの要素がたっぷりなので、毎回放送を見終えた後は「今日も面白かった。そして色々萌えた~」と幸せ~な気持ちになるのです。気がついたら放送も半分まできて、最終回に向けてあともう半分。楽しみがまた一つ減るのかぁと思うと今から憂鬱なのですが、原作をこれからの楽しみに変えて生きていこうと密かに思ったのでした。

田舎暮らし体験ツアーに参加して

はじめての田舎暮らし体験ツアーに参加しました。有機栽培の農家さんを訪問したりこんにゃく作りに挑戦したり途中の寺で座禅も経験しました。農家さんのお宅では農業に従事して7年。農業で苦労したこととか楽しい事、今後の抱負などのお話をきかせていただきました。

こんにゃく作りはこんにゃく芋を細かく切ってジュウサーでとろとろになるまでして、それをゴム手袋をはめてお団子状にして茹でるのですがこれが意外と難しくて・・・でも楽しくもありの工程でした。家に帰ってさっそく刺身こんにゃくとして食べましたが、手作りは大変でも喜びがあって、なおかつ安心安全な食物として伝えていくことの大切さを感じました。

観光ツアーと違った面白さがあってとても充実した2日間でした。こういったツアーが全国で開催されて田舎の良さを感じてもらって過疎と言われるところがすこしでも軽減される事を願うばかりです。